2019-06-13 令和元年文教委員会 本文


21◯のがみ委員 私も、民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律に基づく議案の調査ということで、第百二十五号議案について四点だけ質疑をさせていただきます。
 初めてのコンセッション方式で有明アリーナは運営していくということで、収益性と公共性を加味しながら運営していくことが大事ではないかと思っております。
 今回の有明アリーナの運営権者は、緑グループということで、電通を代表企業とするグループが運営権者候補者に選ばれました。その後、運営の主体となるSPC、スペシャル・パーパス・カンパニーというんですかね、特別目的会社を設立したということですけれども、この特別目的会社を設立する必要性について、最初にお伺いいたします。

22◯鈴木開設準備担当部長利用促進担当部長兼務 PFI事業におきましては、当該PFI事業以外の事業の不振が原因で当該PFI事業のサービスが低下したり、事業が中断することを避けるために、特別目的会社、いわゆるSPCを設立し、事業運営に当たることが一般的でございます。
 今回の有明アリーナのコンセッションにおきましても、SPCを設立して事業を実施することを募集要項で定めておりまして、今回、株式会社電通を代表企業とするグループがSPCである株式会社東京有明アリーナを設立したものでございます。

23◯のがみ委員 これは母体となる企業がしっかりと、何かあったときにはお互いに助け合いながらという観点も含めて、特別目的会社を設立したと思っております。
 逆にいえば、母体が、経営が厳しくなったときに、SPCに悪影響があるかどうかがすごく大きいと思うんですけれども、そういう意味では、このコンセッション方式だとお互いに助け合いながらうまく乗り切っていけるのではないかという期待もございます。
 今回、運営権の存続期間が令和二十八年三月三十一日ということで、非常に長期にわたるわけでございます。都の指定管理の場合は、大体、通常三年から五年ぐらいでございました。長期間の運営権の設定を行う理由について、最初にお聞きいたします。

24◯鈴木開設準備担当部長利用促進担当部長兼務 指定管理者制度は、公の施設の設置目的を効果的に達成するために民間事業者を活用する制度でございまして、条例及び規則に基づき施設の管理運営を行うものであり、一般に三年から五年程度が多いとされております。
 一方、コンセッション方式では、施設の運営権を事業者に委ねることにより、追加投資を促すなど、事業者の創意工夫と戦略的な運営を引き出すことが見込めます。
 このため、今回の有明アリーナの管理運営事業につきましても、運営権者が長期的な視点から事業計画を策定し、戦略的な運営や投資の回収が可能となるよう、約二十五年間の運営期間を設定したものでございます。

25◯のがみ委員 こことはちょっと違うんですけれども、例えば、区の施設を指定管理で運営しているところがございます。その指定管理者たちがなかなか丁寧に掃除ができていないとか、運営がうまくないとか、いろいろな苦情が私ども議員にも耳に入ることがあるんですけれども、そうしたときにこのコンセッション方式で、先ほどちょっと鳥居さんの方からもありましたけれども、いろいろな苦情が来たときに、私たち議員がそれを伝えることができる制度になっているのかどうかということも、とても大事だと思っております。
 この有明アリーナについては、維持管理の水準をどのように確保していくのかについてお伺いします。例えば、三十人ぐらいがいろいろな清掃部門とか契約のところにいるとか、何時まで営業しているか、そういうものについてもまたいろいろな苦情とかが来ると思うんですね、そのときにきちっと対応できるかどうかも含めてお伺いいたします。

26◯鈴木開設準備担当部長利用促進担当部長兼務 清掃部門が何人であるかといったようなことは、今後、運営権者が定まって、体制の整備が進みますと明らかになってくると思いますが、現段階で申し上げられますことは、要求水準書におきまして、どのように確保しているかということでございます。
 維持管理業務の水準につきましては、要求水準書において都が求める水準を規定しておりまして、例えば、施設内の清掃業務では、日常的な清掃に加えまして、日常清掃での対応が難しい箇所については、月一回程度の定期清掃を行い、衛生的な状態に保つことを求めております。
 また、汚された場合など、緊急の対応を要する場合につきましても、必要に応じ清掃を実施し、良好な環境衛生、美観の維持、あるいは快適な空間の確保に努めることを求めております。
 さらに、建築物の保守管理業務につきましては、部材の劣化、破損等について調査、診断、判定を行い、劣化等がない状態に保つことや、結露やカビの発生を防止することなどを求めております。
 要求水準が満たされていない場合、都は、運営権者に業務の是正を勧告することができ、運営権者は、都が承認した是正計画に基づき是正措置を行うことになります。
 こうした対策によりまして、有明アリーナの維持管理が適切に行われるよう取り組んでまいります。

27◯のがみ委員 このコンセッションによる管理運営を選択したのは、民間の創意工夫を最大限に生かした柔軟な運営を行うことが可能になるということでございますけれども、今回の緑グループなんですけれども、株式会社電通を代表企業とするグループの提案内容で、その創意工夫が生かされている特徴はどんな点なのかについてお伺いいたします。

28◯鈴木開設準備担当部長利用促進担当部長兼務 今回の運営権者候補者の提案の中で特徴的なものの一つは、ITへの継続的な投資によりまして、アジアを代表する最先端スマートアリーナとしての地位を確立するという点でございます。
 具体的には、アリーナ内に高密度WiFiを整備するとともに、独自のアプリによって来場者にさまざまなサービスを提供し、利便性を高めるとの提案がございました。
 また、エントランスに大型映像ビジョンを設置いたしまして、臨場感ある演出を行うことや、ITを活用した快適なVIPルームを整備することなども提案がございました。
 これらが陳腐化することなく、常に最先端のスマートアリーナの地位を維持できるよう、約二十五年間の運営期間にわたり、段階的に投資をしていく計画も示されております。
 そのほかにも、質の高いコンテンツの提供や、アマチュアスポーツや障害者スポーツへの配慮についても提案されており、審査委員会において高い評価を得たところでございます。

29◯のがみ委員 最後です。緑グループの審査評価の中に、エントランスの大型映像ビジョンというのがあるんですけれども、この大型ビジョンに関しましても、大きければいいだろうというものでもないし、4Kとか8Kとか、そのうちに16Kとかいろいろ更新されるような気がいたしますので、それをどうするのかとか、また、高密度のWiFiを設置するということで、今回この緑グループの中にIT企業がたくさん入っていますので、そういった意味で、より積極的な追加投資になって、利用者の利便性やサービス向上を図ることができるのではないかと思っております。最先端のスマートアリーナを目指している点を高く評価したという、ここが大きいのではないかと。
 そして、時代が二十五年たつと相当変わると思うので、変わるたびにまたいろいろと更新していっていただいて、やっぱり有明アリーナはコンセッション方式でよかったなというような結果になるようにしていただくことを要望して、質疑を終わります。
 以上です。

関連記事

カテゴリー

PAGE TOP