百条委 委員長不信任動議で意見表明

東京都議会で28日、豊洲市場移転問題に関する調査特別委員会(百条委員会)が開かれ、桜井浩之委員長(自民党)に対する不信任の動議が、自民党を除く、公明党など5会派の賛成多数で可決した。その上で、桜井議員が出した辞任願が了承された。

桜井議員は26日、浜渦武生元副知事らの証言を偽証と認定することに反対する立場から突然、委員長辞任を表明していた。

採決に先立ち、公明党の、のがみ純子議員(都議選予定候補=葛飾区)は委員長の不信任動議に賛成の立場から意見を表明。桜井議員の「(偽証認定の)証拠書類はメモ程度のもので、偽証認定を裏付けるものには到底なり得ない」との発言や、地方自治法100条に基づく強い調査権限に基づき提出された資料を「メモ程度」としたことを批判。

また、同議員が「政治的思惑や単なる思い込みによって権限を恣意的に運用してはならない」と述べたことに触れ、「その根拠を明らかにすべきだ」と訴えた。
【スタッフ投稿 公明新聞4月29日付】

関連記事

カテゴリー

PAGE TOP