空港開設問題で視察──国・村などと協議し実現を

4月19日

 東京都議会公明党の「小笠原諸島視察団」(中島義雄団長=都議)は18日午前、東京・小笠原村の父島で、東京―小笠原村間の航空路開設問題で視察活動を行った。
 この日、視察団は、17日に行った村や村議会などの関係者との意見交換を踏まえ、村側が調査を進めている父島の州崎地区などを現地視察した。

 視察した中島団長らは、小笠原村と東京を結ぶ航空路の開設は、村の医療や観光などの施策を拡充させるために極めて重要な施策だと強調。「村をはじめ、国、都が知恵を出し合って実現すべきだ」と語り、今後とも積極的に協議していくことが重要との認識を示した。

関連記事

カテゴリー

PAGE TOP