北側国交相に相次ぎ要請──学術拠点の誘致

9月23日

 公明党の野上純子都議と葛飾区議団の代表は22日、国土交通省に北側一雄国交相を訪ね、同区内への大学誘致に対する支援を求める要望書を手渡した。これには、山口なつお参院議員が同席した。要望書は、順天堂大学が、独立行政法人の都市再生機構が所有する同区新宿6丁目の「三菱製紙中川工場跡地」へ、健康科学部などを移転する意向を示したのを受け、(1)同跡地を大学誘致に活用するための都市計画決定の見直し(2)都市再生機構から安価での土地売却――の実現へ支援を求めている。
 席上、野上都議は「学術、医療拠点を構築するために、土地を活用していきたい」と訴えた。

関連記事

カテゴリー

PAGE TOP