女性議員が勝利の突破口/浜四津代行が強調環境、子育てなど活発に研さん/党都本部所政局が研修会

9月2日

 公明党東京都本部女性局(野上純子局長=都議)は1日、東京・新宿区の党本部で夏季研修会を開催。政治が取り組むべき重要課題などについて活発に研さんを行った。
これには、浜四津敏子代表代行や高木美智代衆院議員、鰐淵洋子参院議員が出席した。
 あいさつに立った浜四津代表代行は、統一地方選や参院選での女性議員の奮闘に謝意を表明した上で、厳しい結果となっ
た参院選を総括し、今後は、政策立案などで「公明党らしく、庶民の目線で分かりやすくすることを肝に銘じていきたい」
と述べた。
 また、今月から始まる臨時国会では、参院で与野党が逆転したことを受け、国会審議が荒れ模様となる可能性を指摘する
一方、こうした状況でも「公明党の議員は庶民の味方であり、地域を照らす灯台として、不動の姿勢を貫き、政策実現に挑
戦していく」と力説。さらに、「どのような状況でも勝ち抜ける党へ、突破口を開くのは女性議員」と訴え、地域のために
親身に働く女性議員として、「次の戦いの勝利へ、スタートを切っていこう」と呼び掛けた。
 これに先立ち野上局長は、党勢拡大へ公明新聞の購読推進を強調。その後、加藤修一参院議員が環境問題について、大阪
人間科学大学人間科学部の原田正文教授が子育てにおける親への支援について、講演を行った。

関連記事

カテゴリー

PAGE TOP