盲ろう者支援の拠点開設/都議会公明党が強く推進全国的広がりに期待/太田代表、浜四津代行ら視察

5月27日

盲ろう者の生活器具などの説明を受ける太田代表(左から3人目)ら=25日 東京・台東区
 公明党の太田昭宏代表、浜四津敏子代表代行は25日、東京都盲ろう者支援センター(台東区)を訪れ、目と耳が不自由な盲ろう者としてセンター設立へ熱心に取り組んできた東京大学の福島智教授らと意見交換した。同センターは、きょう27日にオープンする。


 都議会公明党の中島よしお幹事長(都議選予定候補=世田谷区)、鈴木かんたろう(同=荒川区)、藤井一(同=大田区)、のがみ純子(同=葛飾区)、高倉良生(同=中野区)の各議員が同行した。

 この施設は、目と耳が不自由な盲ろう者の自立を支援する拠点で、指点字や手書き文字の読み書きなどコミュニケーション方法のほか、生活訓練やパソコンなど通信機器の活用法の学習や、盲ろう者への通訳・介助者の派遣や養成も実施する。前田晃秀センター長は「盲ろう者は通訳・介助者がいなければ生きていけない。派遣と養成を両輪として取り組む」と説明した。

 福島教授と盲ろう者支援について意見交換を重ねてきた中島幹事長は、米国の盲ろう者支援施設(ヘレンケラー・ナショナル・センター)の存在を聞き、東京での実現を約束。昨年10月には、福島教授とともに石原慎太郎知事に直談判したのをはじめ、都議会公明党が一貫して推進してきた。

 福島教授は公明党の尽力に感謝を述べ、「東京に拠点ができれば全国的な広がりも期待できる。社会的に認知されていない盲ろう者にとって大きな意味がある」と強調した。太田代表は「東京で実現したことを全国に広げることは公明党の伝統」と述べ、今後も盲ろう者支援に取り組んでいく考えを示した。

関連記事

カテゴリー

PAGE TOP