音楽療法を介護現場に/都議会公明党施設での実践例を視察/群馬・高崎市

5月28日


東京都議会公明党(中島義雄幹事長)は先ごろ、音楽療法を取り入れている介護現場を視察し、その効果を探るため、群馬県高崎市内の介護施設を訪れた。

これには、野上純子副幹事長のほか、吉倉正美、中山信行、栗林のり子、斉藤泰宏、小林健二の各議員が参加した。

一行が視察したのは、株式会社「現代デザインスタジオ」(町田常雄取締役社長)が管理するデイサービス施設と住宅型有料老人ホーム。これらの施設では、音楽に合わせた体操のほか、楽器の演奏や合唱などを通して、心身を活性化させることにより、日常生活動作(ADL)の維持や認知症の進行予防などをめざしている。

一行はこの日、施設利用者らが、童謡や歌謡曲などを大きな声で歌ったり、各パートに分かれてハンドベルを演奏する様子を見学。また、音楽療法の担当者らから、「利用当初に比べて高齢者が体を動かすようになったり、音楽をかけることで、普段は上がらない腕が上がるなどのケースが見られている」などの説明を受けた。

都議らは「要介護者が今後、増加することを踏まえ、音楽療法の普及を推進したい」と語っていた。

関連記事

カテゴリー

PAGE TOP