学校冷房化支援を継続せよ/都議会公明党が申し入れ

9月6日


東京都議会公明党(中島義雄幹事長)は都庁で4日、公立小・中学校の施設改善を求める石原慎太郎知事宛ての要望書を、安藤立美副知事に手渡した。

要望では、公立小・中学校において、普通教室の冷房化のための財政支援が今年度までとなっていることを確認。多摩地域や島しょの一部について、「東日本大震災の影響により、当初の計画が大幅に遅れるなど、今年度中の冷房化が完了しない市町村もある」と指摘し、冷房化緊急支援特別事業の延長を申し入れた。

また、早期に校舎などの耐震化を100%達成するため、耐震化支援事業の延長を求めるとともに、天井や照明器具、窓ガラスなどの非構造部材についても耐震化を促進するよう要望した。

安藤副知事は「来年度の予算編成の中で検討したい」と応じた。

関連記事

カテゴリー

PAGE TOP