「福島が“笑顔”になる支援」/県副知事都議会公明党に感謝

11月6日


福島県の内堀雅雄副知事が5日、東京都庁を訪れ、都議会公明党(中島義雄幹事長)の議員らが迎えた。

内堀副知事は、都の被災地応援ツアー(1人1泊3000円助成)について、「風評被害で苦しむ産業の背中を押していただいた。その効果は、はっきりと“県民の笑顔”に見える」と評価。また、「『福島はこんなに頑張っている。食べ物はおいしい。来て楽しい』と感じた東京からの観光客の笑顔が、私たちの力になる」と語った。

さらに、公明党の提案で先月実施された、都内の小売業者が福島県で、農産物などの生産現場を視察し放射性物質の検査体制などを確認する研修会についても、「目の付け所の良い企画で、マスコミも大きく取り上げた」と強調。「被災地に寄り添って、こうした政策を打ち出している公明党に心から感謝している」と述べた。

東村邦浩政調会長は「応援ツアーをはじめ、福島への支援は、継続しなければいけない。全力で取り組む」と応じた。

関連記事

カテゴリー

PAGE TOP