スカイツリーも見える/山口代表らが記念式典に出席/中川沿いに展望デッキ完成/東京・葛飾区

8月16日

 公明党の山口那津男代表は3日、東京都葛飾区奥戸で行われた「中川奥戸展望デッキ」の完成記念式典に出席した。

 これには、公明党の野上純子都議、丸山銀一、久保洋子の両区議が参加した。

 同展望デッキは、東京都が中川の護岸耐震補強工事と併せて設置を進めたもの。中川左岸緑道公園にあり、東京スカイツリーや東京タワー、かつしかハープ橋などが一望できる。

 展望デッキに上って散策していた40代の女性は、「見晴らしが良い場所でうれしい。地域の人と交流する際に使っていきたい」と話していた。

 式典を終えた山口代表らは、江口寿美・党葛飾総支部副女性部長(区議選予定候補)を交えて懇談。山口代表は「水辺の空間を生かした素晴らしい企画。安全と癒やしと地域の人の健康を担う立派な施設だ。人々に親しまれることを期待する」と語った。

 中川護岸の耐震化と展望施設に関しては、野上都議が2009年3月と12年3月の都議会予算特別委員会で進捗状況を質問するなど、都の取り組みを促してきた。

関連記事

カテゴリー

PAGE TOP