貧困の連鎖断ち切れ/生保の子ども学習教室を視察/都議会公明党

11月20日


 東京都議会公明党の東村邦浩幹事長代理と野上純子副幹事長はこのほど、さいたま市で生活保護学習支援教室を運営している特定非営利活動法人(NPO法人)「さいたまユースサポートネット」の事務所(さいたま市浦和区)を訪れ、青砥恭代表理事と意見を交わした。

 同教室は、市が対象世帯に登録の申請用紙を届け、希望者の名簿を作成して同NPO法人が運営しているもの。市内の生活保護受給世帯の中学・高校生が対象で、週2回、大学生のボランティアが学習支援を行っている。

 意見交換の席上、青砥代表理事は「貧困と学力の低さは密接に関係している」と指摘。ひとり親家庭や親の所得の違いが、進学・就職率や高校中退率に影響を及ぼしている現状などが話題になり、今後の支援の在り方を探った。その後、一行は学習支援教室を視察した。

 視察を終えて野上副幹事長らは、「親から子への貧困の連鎖を断ち切るためにも、学習支援は大事な取り組みだ。都としても全力で取り組んでいくように訴えていく」との決意を語った。

(14年11月20日 公明新聞より)

関連記事

カテゴリー

PAGE TOP