都営アパートにエレベーター設置/東京・昭島市

3月17日

 東京都昭島市にある都営昭島朝日町四丁目アパートの1、2、5、6号棟で現在、エレベーターなどの設置工事が進められている。

 公明党の赤沼やすお市議(市議選予定候補)はこのほど、住民と共に現地を確認した【写真】。

 同アパートは、築30年を超える3階建てで、1階に行くにも階段を上らなくてはならない。住民の高齢化が進み、階段を上り下りする負担が大きいことから、エレベーターなどの設置を求める声が上がっていた。

 こうした実情を知った赤沼市議は、野上純子都議と連携し、団地自治会長と共に要望書を都住宅供給公社などに提出し、エレベーターと1階へのスロープ設置を求めていた。住民は「便利になるので、とても良かった」と喜びの声を寄せていた。

(15年3月17日 公明新聞より)

関連記事

カテゴリー

PAGE TOP