平成13年文教委員会(2001年9月14日)総合高等学校の設置について等

平成13年文教委員会(2001年9月14日)


◯野上委員

 東京都でいいんですけれども、東京都における問題行動で処分された教師の処分理由、これも過去十年間にわたって、小中高別でわかればいいかなと思っております。よく新聞等で年々増加しているといわれているのですが、現実にそうなのか。また、再犯率というのがわかれば、教えていただければと思います。

◯横山教育長

 平成十三年第三回都議会定例会に提出を予定いたしております議案の概要につきまして、ご説明申し上げます。
 本定例会におきまして、ご審議をいただきます教育庁関係の案件は、条例案一件、契約案一件でございます。
 まず、東京都立学校設置条例の一部を改正する条例でございます。
 現在、東京都教育委員会は、平成九年九月に策定いたしました都立高校改革推進計画に基づきまして、都立高校が抱えるさまざまな課題を解決しますとともに、都民の高校教育に対する期待にこたえ、都民に信頼される魅力ある都立高校の実現を目指しております。
 そこで、今回は新しいタイプの高校といたしまして、単位制総合学科高校でございます東京都立つばさ総合高等学校の設置をご提案するものでございます。
 なお、本校は総合学科高校としましては、都立晴海総合高等学校に次いで二番目に設置する高校でございます。
 次に、契約案でございますが、都立戸山高等学校(十三)改築工事請負契約でございます。
 この改築工事は、築後四十年余りが経過いたしました都立戸山高校の校舎につきまして、老朽化が著しいため、改築いたすものでございます。
 詳細につきましては、総務部長からご説明申し上げます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。

◯小海総務部長

 お手元の資料、平成十三年第三回東京都議会定例会議案(条例)に基づきまして、条例案の説明をさせていただきます。
 一ページをお開き願います。東京都立学校設置条例の一部を改正する条例でございます。
 本条例の改正は都立高校改革推進計画に基づき、新しいタイプの高校として、東京都立つばさ総合高等学校を設置するものでございます。
 同校は単位制総合学科高校として、普通科目から職業科目まで幅広い選択科目を設置いたしまして、生徒が学校生活の中で自己の進路を定め、その進路希望に応じて系統的な学習をすることが可能となる学校として設置をいたします。
 設置に当たりましては、羽田高等学校全日制課程及び羽田工業高等学校全日制課程を発展的に統合するものでございまして、隣接している両校の敷地に設置をいたします。
 二ページをごらん願います。附則でございますが、この条例は公布の日から施行するものでございます。
 三ページは、新旧対照表でございます。上の欄が改正条文、下の欄が現行の条文でございます。
 このたびの改正は、条例別表の高等学校の項の都立芝商業高等学校の次に、名称の欄に都立つばさ総合高等学校を、位置の欄に大田区本羽田三丁目十一番五号を加えるものでございます。
 条例案につきましては、以上でございます。
 続きまして、契約案でございますが、平成十三年第三回東京都議会定例会議案(契約)に基づきまして、ご説明をさせていただきます。
 一ページをお開き願います。都立戸山高等学校(十三)改築工事請負契約でございます。
 契約の方法は指名競争入札、契約金額は二十三億七百九十万円、契約の相手方は東京都新宿区市谷田町二丁目三十五番地、大日本・小松原建設共同企業体でございます。工期は契約確定の日から平成十五年十一月二十八日まででございます。
 二ページをごらん願います。都立戸山高校につきましての、案内図及び配置図でございます。
 三ページから七ページには、各階平面図をお示ししてございます。
 八ページをごらん願います。完成予想図でございます。
 九ページは、工事請負契約議案の概要でございます。
 以上で説明を終わらせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。

◯東委員長

 説明は終わりました。
 この際、資料要求のある方は発言願います。

関連記事

カテゴリー

PAGE TOP