コンピュータ教育のための教員育成へ

コンピュータ教育のための教員育成へ

(平成14年第3回定例会一般質問)

小中学校では、総合的な学習の時間の中でパソコンを使った情報教育を実施しています。しかし、授業でパソコンを使って児童生徒に指導できる教員は42.7%にとどまっているのが現状です。そこで、教員のさらなる習熟を図るための研修を実施すべきだと提言しました。

これに対し教育長は、「授業でコンピューターを使って指導できる教員の育成を図るために、情報教育指導教員養成研修や専門研修を実施し、ITの教科書での活用研修を一層充実させて授業でコンピューターを使用して指導できる教員の割合を高めていく」と述べ、私の提言に対しIT教育の一層の充実を図る意向を示しました。

関連記事

カテゴリー

PAGE TOP