育英奨学金の成績要件の撤廃を

育英奨学金の成績要件の撤廃を

(平成16年第3回定例会一般質問)

日本育英会が日本学生機構に改組され、従来、育英会が行ってきた高校生に対する奨学金貸与事業が平成17年度から都に移管されることになります。

これを契機に私は、「これまで都が実施してきた東京都育英資金貸与事業は、14年の改正で奨学金交付の際の成績要件を撤廃し、学習意欲のある生徒にはだれでも貸与できる制度になっているが、今度、都に移管される育英会の高校奨学金には成績要件があるなど、ダブルスタンダードになている。移管後は貸与条件から成績要件を撤廃すべきだ」と主張しました。

これに対し都は、「現在、国において、その移管財源に係る概算要求が出された段階であり、その財源措置の動向や都財政への影響を勘案し、現行制度との整合のあり方を含め、慎重に検討していく」と、奨学金の成績要件の撤廃に前向きに取り組む姿勢を明らかにしました。

平成17年度において財源も予算化され、私の主張通り成績要件が撤廃され、やる気のある生徒には貸与されることになりました。

関連記事

カテゴリー

PAGE TOP